【電子書籍で稼げる金額は?】KDPの収入を公開しているサイトまとめ

AmazonのKDPで気になるのは「みんなはどのくらい稼いでいるのか?」。

KDPの収入をブログで報告している人はたくさんいます。

Googleで「KDP 収入 公開」検索すれば、たくさんのサイトがヒットします。

いくつか気になった事例をご紹介します。

有名な事例

まず、「電子書籍って儲かる?」という同じ疑問から、ネットを調べた記事がありました。

電子書籍って儲かる?儲からない?電子書籍の収入を公開している人たちまとめ : 小川晶子の日常と本の話
電子書籍の可能性ということでいろいろ調べております。 誰でも出版できると言っても、実際本当に読んでもらえるのかな?収入になるのかな?っていうのは超重要ですよね。 電子書籍を個人出版したことによる収入を明かしている方たちがいらっしゃるので、ま...

この中で取り上げられているの以下の人たち。わりと有名な事例です。

(あくまで調査時点のデータです)

  • ちきりんさん :1年間で450万円
  • 鈴木みそさん :1年間で1,000万円
  • 架神恭介さん :月1,000円
  • 中島梨里織さん:月100万円(売上)を記録
  • 森山たつをさん:半年で50万円弱
  • 日垣隆さん:1年で15万部1億円(ツイートからの推定。疑問を呈する人も)

ちきりんさんはブロガーですが、すでに知名度のあるプロ著述家です。鈴木みそさんは電子書籍業界ではレジェンドになっている漫画家。この二人の数字は、あまり参考にならないですね。

主婦の中島梨里織さんは、KDPではなくE★エブリスタの事例ですが、シンデレラストーリーといえるかも知れません。

電子書籍で月100万円超売り上げる主婦も登場!日本でも見えてきた“稼げる個人出版”の可能性
月に100万円以上売り上げる主婦も登場して、盛り上がりを見せる電子出版市場。「ケータイ小説ブーム」以来のモバイル個人出版第二幕では、マーケティング機能やソーシャル連携など、作家と読者の関係も変化してきている。

森山たつをさんは、世界一周の旅行記シリーズで1万冊を売り上げました。海外事情のオリジナルコンテンツは強そうです。

上記の本でも、KDPの経験を報告してくれています。

模範的な事例

個人的にすごくリアリティを感じたのは以下の記事。

【KDP】自分1人で執筆編集した電子書籍が1年で294冊売れた - ぐるりみち。
Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングを利用して販売した電子書籍の売上報告。1年間で294冊が売れました。

会社を退職した経験を本にしたみたいです。

自分自身の経験を電子書籍にして、1年間で300冊売って、約5万円の収入

ベンチマークになるような模範的な数字だと思います。

1冊で年間5万円を稼ぐなら、「成功事例」といえると思います。

もっと収入を増やすためには、出版点数を増やすことになりそうです。

著名ブロガーの事例

著名ブロガーのイケダハヤトさんもKDPの収入を公開しています。

http://www.ikedahayato.com/20160724/63717659.html

20冊で毎月15万円あたり。

イケダハヤトさんは有名人なので、数字は参考にならないかも知れません。しかし、「何を考えているか」を書いてくれるので、とても参考になります。

  • 50点(50タイトル)を作ってからが勝負
  • 1年間は投資フェーズ
  • KDPはnoteのリサイクル

普通の人だったら、2,3点の電子書籍を出して売上に一喜一憂するんですが、イケダハヤトさんは50点出すまでは投資フェーズと考えるのがすごい。

継続的な報告の事例

以下のサイトは、売上を継続的に報告してくれています。

Amazonで電子書籍を出版して1ヶ月、その売り上げを公開
13,291 total views,  5 views today 2016年8月22日追記:4か月経過時の販売数と売り上げ 私は、2016年4月17日に、AmazonのKDP …

4ヶ月で2万円弱の売上。

無料配布、有料配布、KENP、ロイヤリティなど、詳細な情報もあります。

注目したいのは、徐々に販売数が減っていく様子です。

年月が経つごとに売上が下がるのは、電子書籍では避けられないことです。

パブリックドメインの事例

以下のサイトは、パブリックドメインの本を出版している方のようです。

2016-07-11
君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

300冊?くらい出して、月4万円の売上のようです。

パブリックドメインは、著作権の切れた昔のコンテンツのことです。

国会図書館で大昔の本を探して、パソコンにタイプして、復刻しているみたいですね。

手間暇がかかる上に、ニーズは限られているので、やる人は少ないです。

上記の記事は、貴重な売上報告だと思います。

KDPは研究課題

最近、KDPのモチベーションは下がりまくっていましたが、上記のような売上報告を読んでいると、うれしくなりました。

(記事によっては数年前のものですが)

私もガンガン出して、年末には売上を報告します。

売上の数字そのものより、それぞれが工夫してチャレンジして、結果を報告し合うのが楽しいです。研究発表みたいな感じですね。

コメント