【匿名】誰にも知られず内緒で電子書籍を買う方法

電子書籍はデジタルデータなので、完全に匿名で買うことができます。

紙の本をネット通販するなら、住所氏名が必要ですから匿名は不可能です。

決済方法を含めて、匿名で電子書籍を買う方法について解説します。

スポンサーリンク

メールアドレスだけで会員登録が可能

電子書籍ストアに会員登録するときには、個人情報が必要ありません。

メールアドレスだけが必要となります。

Yahoo!メールやGmailなど、メールアドレス自体は匿名で取得できます。

そのため、完全に匿名で電子書籍ストアに会員登録できます

デジタルデータなので個人情報は不要

電子書籍はネットでダウンロードするデジタルデータなので、個人情報が不要なのです。

物理的なモノを売っているネットショップであれば、住所氏名を伝えないと宅配で届きません。

物理的なモノをネットで売買するかぎり、匿名は不可能です。(ただし私設私書箱サービスを使えば可能です)

デジタルコンテンツは住所氏名が不要なので、個人情報を求められません。

決済は電子マネーを使う

会員登録した後は、決済さえできれば、匿名で電子書籍を買えることになります。

決済手段に、クレジットカードやモバイル支払いを使ってしまうと、完全に匿名とは言い切れません。

もちろん、電子書籍ストアの中の人が、それらの決済情報から購入者を特定するのは不可能です。(例外あり。後述)

クレジットカードの番号等も伝えず、完全に匿名で電子書籍を買いたいなら、電子マネーを使って購入することになります

プリペイド型の電子マネーを匿名で購入

コンビニで購入できるプリペイド型の電子マネーを使えば、完全に匿名で決済できます。

有名どころはWebMoneyやビットキャッシュです。

WebMoneyで支払いができる電子書籍ストア一覧
昔から定番の電子マネー「ウェブマネー」で電子書籍を買うこともできます。 対応している電子書籍ストアを調べてみました。 ウェブ...
ビットキャッシュで支払いができる電子書籍ストア一覧
電子マネーのビットキャッシュが普及してきました。 手軽に購入できて、匿名性も高く、使い勝手の良い電子マネーです。 ビット...

これらのプリペイド型の電子マネーを使えば、完全に匿名で電子書籍を購入できることになります。

そもそも電子書籍を買うのに、そのまで匿名にこだわる必要はないと思いますが・・・。

ただし接続情報から個人の特定は可能

ネットを使うかぎり、本当の意味で「完全に匿名」は難しいです。

たとえばスマホでネットに接続すれば、キャリアに接続情報が残ります。キャリアが情報開示すれば、個人の特定につながります。

司法当局の要請があればプロバイダーは情報開示するので、悪いことをすれば当然ながら個人を特定されます。

匿名というのは、あくまで司法当局が動かない範囲での話です

言い換えるなら、良い子だけが匿名でいられるわけです。

シェアする

フォローする