U-NEXTの電子書籍BookPlaceの感想【ポイントがお得】

電子書籍ストアの中ではマイナーかも知れませんが、BookPlace をたまに使います。

動画配信サイト U-NEXT 内のサービスなので、ポイント消化に使いやすいからです。

何年も使っていますが、ここらでBookPlace の感想をご紹介します。

スポンサーリンク

東芝からU-NEXTへ

最初に、BookPlace の基本を確認。

BookPlaceというと、「たしか東芝のストアだったはず」という人がけっこういそうです。

もともとは東芝の電子書籍ストアでしたが、2014年からU-NEXT内で提供が始まって、2015年9月にU-NEXTに事業継承されました。

今では、U-NEXTが運営するサービスとなっています。

昔のサイト(http://bookplace.jp)では、新規会員登録が終了し、u-nextサイトでの受付となります。

ちなみに、動画配信サイトのU-NEXTからでもBookPlaceに行けます。

U-NEXTのメニューの「雑誌・コミック・書籍」の項目です。

ここからBookPlace に入る人が多いはず。

ポイント消化に適したサブストア

BookPlaceの使用感についてレビューします。

ちょっと辛口になってしまうのは、やむをえないところ。どうしても書かずにいられない難点がいくつかあります。

スマホアプリの難点

まず、新しい本棚を作る操作がわからず、かなり苦労しました。

ヘルプを読めばいいだけですが、何も読まずに直観的に操作したいのがユーザーの本音です。

特定の本を非同期にできないのも難点です。新しい本棚を作ることで、見かけ上の本を選ぶ仕様です。

あと、アプリが短い頻度で自動同期するのが鬱陶しかったりします。

しおり機能はありますが、ハイライト機能がないのも残念。コミックで使う機能ではないので省略しているのでしょう。

パソコンで読むときの難点

まず、信じがたいことに、本の削除機能がないです。

うっかりHなコミックを試し読みしたら、myリストから削除できなくて困っています。

さらに、デスクトップアプリがないので、パソコンから本を読むときにはブラウザで読むことになります。コミックや雑誌は読めますが、パソコンから読めない一般書籍がけっこうあります。

最後の難点は、ヘルプにしても設定にしても、びっくりするほど情報が少ないです。

コミックを読むならOK

いろいろツッコミどころは多いですが、慣れてしまうと普通に読めます。

コミックを読む分には問題は感じません

BookPlaceは、細かく品質を上げるのではなく、シンプルに読書機能だけを提供している感じです。

今のところ、メインの電子書籍ストアにするのは厳しいです。ポイントを消化するためのストアにちょうどいいです

U-NEXTのポイントを使える

BookPlaceの一番のメリットは、U-NEXTのポイントを使えることです。

U-NEXTの「ビデオ見放題サービス」(月額1,990円税抜)に入ると、毎月1200ポイントもらえます。

このポイントでBookPlaceの本を購入できます。コミックの2~3冊分を毎月もらえるわけです。

あと、BookPlaceの雑誌も読み放題になります。

ユーザーを獲得するために大盤振る舞いしているのかも知れません。今のところ、ポイントを考えると、かなりお得感のあるサービスです

公式→ U-NEXT

1ヶ月無料でトライアルできます。

シェアする

フォローする