KDP本を改訂したときに読者に通知されるケース

KDPで出版したKindle本を改訂することがあります。

誤字脱字を直すような小さな修正もあれば、新しい章を加えることもあります。

→ KDPで出版した本の改訂版を出すメリット

そこで疑問なのは、改訂したときに読者に通知されるのか?ということ。

通知されるケースとされないケースがあります。

スポンサーリンク

Kindle本を最新版にアップデートする方法

最初にKindle本のアップデート方法から。

Amazonのアカウントに入って、「コンテンツと端末の管理」をクリックすると購入したKindle本の一覧があります。

それをズラッと見ると、ときどき「!アップデートがあります」という表示が付いています。

その部分をクリックすると、

この書籍の更新バージョンが入手可能です。

前のバージョンは、更新バージョンに置き換わります。

といった注記が出ます。「更新」ボタンで更新バージョンにアップデートされます。

ほとんどのケースで読者には通知されない

改訂版を出してもほとんどのケースで読者に通知されません。

KDPのヘルプページで解説がありました。

  • 新しいコンテンツの追加: 単語、文、ページ、章、または画像を追加、削除、変更した場合は、読者には通知されません。
  • 登場人物や筋書きの変更: 登場人物の名前や本の結末が変更された場合は、読者には通知されません。
  • マーケティング情報: リンクやマーケティング情報を追加、削除、変更した場合は、読者には通知されません。

単語や文を変更したり、画像やコンテンツを変更しても、読者に通知されません。

小説で、登場人物の名前を変えて、結末を真逆にするような改訂版を出しても、読者には通知されません。

ただし、KDP本を購入した読者が自発的に「コンテンツと端末の管理」に行って、更新することはできます。

なぜ改訂版が出ても通知されないのか

通知されない理由は、メモやハイライトが消えてしまうことがあるからです。

ハイライトした文章が改訂版で削除されたら、そのハイライトは消えることになります

読者からすれば、あったはずのハイライトが消えてしまうので混乱します。

そのため、改訂版にアップデートするかどうかは読者の自己責任で行います。

Kindleストアから「改訂版があります。アップデートしてください」といった通知はできるだけしたくないのでしょう。

通知してほしい改訂は「お問い合わせ」が必要

しかし、中には重大な改訂もあります。

文章の中に重大なエラーがあるときです。

KDPヘルプには、以下のケースで通知するとの記載がありました。

致命的または深刻なエラー: 大幅な修正と見なされる場合は、その本を所有するすべての読者に Amazon からメールで通知します。通知を受けた読者は、「コンテンツと端末の管理」ページで改訂版を入手できます。

修正すべき深刻なエラーがまだある場合: 大幅な修正がさらに必要と見なされる場合は、その本の販売を一時的に中止します。Amazon で発見した問題を出版者にお知らせしますので、問題を修正してください。修正が終わりましたらお知らせください。大幅な修正の場合と同様に、Amazon から読者にメールで通知します。

「深刻なエラー」についての具体例はありませんでした。

おそらく、ジャーナリズム本で、取材対象のプライバシーをうっかり書いてしまったようなケースではないでしょうか。

小説の筋書きが完全に入れ替わっても通知されないくらいなので、法的に問題があるようなエラーが「深刻なエラー」だと思います。

ちなみに、以下の記載があります。

重要な修正については、「お問い合わせ」のページから Amazon までご連絡ください。

つまり、どれだけ改訂しても、Amazonに問い合わせていない改訂は「軽度なエラー」となり、通知されません。

読者に通知してほしい「深刻なエラー」は、Amazonに問い合わせて審査を受ける必要があります。

シェアする

フォローする