漫画や雑誌をダウンロードするなら無料Wi-Fiスポット

電子書籍の漫画や雑誌は、ファイルサイズが大きくなります。

スマホのデータ通信を使ってダウンロードするのは気が引けます。

そんなときは、無料のwi-fiスポットが便利です。

スポンサーリンク

漫画や雑誌のデータ量

電子書籍のファイルサイズは、ページ数や内容によって変わりますが、以下の数値が目安になります。

  • 新書:2MB
  • コミック単行本:50MB
  • コミック雑誌:140MB

テキストデータが主体となる電子書籍はファイルサイズが小さくなりますが、漫画や雑誌は画像なのでファイルサイズが大きくなります。

スマホの高速データ通信を使いすぎる

最近は、シリーズの「1巻~3巻無料」など、無料で読める電子書籍コミックが多いです。

そのため、1ヶ月に30冊40冊と漫画をダウンロードする人も少なくありません。

スマホで30冊ダウンロードすると1.5ギガの高速データ通信を消費しますので、さすがに負担になります。

ネットの固定回線を使ったwi-fiが自宅にあれば、もちろん何の問題ありません。しかし、自宅にwi-fi環境がない方も多いことでしょう。

その場合、無料のwi-fiスポットで漫画のダウンロードすることをお勧めします。

無料のwi-fiスポットは日本中にある

日本のありとあらゆる場所に無料wi-fiスポットがあります。

  • コンビニ
  • ファミレス
  • カフェ
  • 大手スーパー
  • 家電量販店
  • ファストフード
  • 公共交通機関

それらの施設は、サービスの一環として無料でネット回線を提供しているのです。

それぞれの会社でアプリがリリースされていますので、個別に設定します。

個別に設定するのが面倒なら、主要なwi-fiスポットを一括で設定できるアプリもあります。訪日外国人向けのアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」です。

具体的な使い方は以下のページが参考になります。

お勧めはコンビニの無料wi-fi

電子書籍のダウンロードでwi-fiを使うなら、コンビニの無料wi-fiスポットをお勧めします。

コンビニは日本全国で数が多いうえに、買い物をしなくても出入りできます

ファミレス・ファストフード・カフェのwi-fiスポットは、入店するのにお金を支払うことになります。

電子書籍をダウンロードするためにお金を払うのはもったいないので、無料で使えるコンビニがベストです。

以下、3大コンビニチェーンの無料wi-fi公式ページです。使用法が書いてあります。

セブンイレブン
http://webapp.7spot.jp/index.html

ローソン
http://www.lawson.co.jp/service/others/wifi/

ファミリーマート
http://www.family.co.jp/services/smartphone/famimawi-fi.html

3社とも無料ですが、初回利用時に会員登録(メールアドレス)が必要です。

上記以外のコンビニチェーンでも、無料wi-fiサービスは行われているはずです。

電子書籍の漫画や雑誌をダウンロードするときには、コンビニに寄って、サクッとダウンロードしてください。

ギガ(データ通信)を消費することがないのでお得です。

シェアする

フォローする