サービス終了した電子書籍ストアはどうなったか

電子書籍ストアが乱立していますが、すでにサービス終了したストアもあります。

実際にサービスを終了した電子書籍ストアは、どのような対応をしているでしょうか。

ユーザーとして教訓になるので、調べてみました。

買った電子書籍はいずれ読めなくなる

購入したストアがサービス終了になると、その電子書籍は長期的に読めなくなります。(DRMフリーだったら別で、コピーできるので読めます)

このあたりの詳しいことは以下のページで解説しています。

電子書籍は永遠に読めるのか?運営会社が潰れたら?
「電子書籍ストアが倒産したら、購入した電子書籍はどうなるか?」との疑問をよく見かけます。 短期的には影響がありませんが、長期的...

通常の電子書籍はDRMでロックされているため、ダウンロードした端末から動かせません。

スマホにしてもPCにしても、永久に同じ端末を使い続けるのは現実的ではないので、いずれは読めなくなります。

(サービスが続いていれば再ダウンロードできるので、スマホやPCを買い替えても読めます)

それでは、実際にサービス終了した電子書籍ストアはどんな対応をしているでしょうか。以下にピックアップしました。

サービス終了で返金なし

以下の電子書籍ストアは、サービス終了が告知され、そのまま終了しました。

購入したユーザーは、上記で書いたように電子書籍がいずれ読めなくなります。

本よみうり堂デジタル(読売新聞社)

2016年9月26日にサービス終了しました。

終了から1年後の2017年9月26日までは、期限内の電子書籍のダウンロードが可能です。

「本よみうり堂デジタル閉店に関するQ&A」の中に以下のQ&Aがありました。

Q.サービスが完全に終了すると、以前に買った電子書籍が読めなくなることはありませんか?

A.「本よみうり堂デジタル」のアプリをインストールしている限り、端末にダウンロード済みの電子書籍は閲覧できます。ただし、サービス完全終了後のアプリの不具合、ならびにご使用端末本体の故障の際は閲覧不能となる場合がありますが、ご容赦を願います。

アプリの更新がなくなるので、OS更新によりアプリに不具合が出たら読めない。また、使用端末が使えなくなれば読めない。

要するに、上記で書いたように「長期的には読めなくなる」ということです。

ダイヤモンドブックス(ダイヤモンド社)

2016年5月31日にサービス終了しました。

「電子書店アプリ「ダイヤモンドブックス」サービス終了のお知らせ」の中に以下のQ&Aがありました。

Q.
サービス終了後、コンテンツ(電子書籍)は読めなくなりますか?

A.
今お使いの端末にダウンロードしていただいている「ダイヤモンドブックス」のコンテンツにつきましては、引き続きお読みいただけます。ただし、お使いの端末が故障した場合や新たな端末に買い替えた場合、OSをバージョンアップした場合、アプリを端末から削除した場合、本棚からコンテンツを削除した場合、工場出荷時の状態にお戻しになった場合等は、コンテンツがお読みいただけなくなります。

やはり、アプリ更新がないのでOSバージョンアップによって読めなくなったり、端末が故障したり買い替えたら読めなくなります。

2年に1度スマホを買い替える人が多いので、数年後には読めなくなると考えるべきです。

サービス終了で返金あり

サービス終了するといずれ電子書籍が読めなくなるので、購入したユーザーにとっては不利益になります。

そこで、サービス終了の際に購入金額分をすべて補償した電子書籍ストアがあります。

BooksV(富士通)

2015年9月29日にサービス終了しました。

BooksVは、購入の累計金額をまるまるhontoポイントで返金しました。

BooksVで電子書籍を1万円購入した人は、1万円分のhontoポイントがもらえるので買いなおすこともできます。

地球書店(NTTソルマーレ)

2014年3月31日にサービス終了しました。

購入額分は、コミックシーモアのポイントで返金しました。

地球書店のサイトはないので、以下、ITメディアの該当記事です。

購入金額分のポイントが補償されたので、電子書籍ストアコミックシーモアで買いなおすことができます。

エルパカBOOKS(ローソン)

2014年2月24日にサービス終了しました。

購入金額分は、Pontaポイントで返金しました。

以下、ITメディアの該当記事です。

Pontaは日本の主要な電子マネーの1つなので、ほぼ現金を返金してもらったのと同じですね。サービス終了の補償として良心的です。

今後は電子書籍ストアの淘汰が進む

電子書籍ストアのサービス終了は、ユーザーにとって大問題です。

何十万円ものお金をつかって電子書籍を買い集めても、サービス終了となればいずれ蔵書が消えるわけです。

上記のように、購入金額分を全額返金してくれるような良心的な電子書籍ストアだけではありません。返金する義務はないので、返金は期待しない方がいいです。

そもそも、ストアの営業年月が長くなり、過去の購入者が多ければ多いほど、とても全額返金なんて請け負えるわけがないのです。

現在、電子書籍ストアが乱立していますが、10年後までに多くは淘汰されると思われます。

電子書籍を買うなら、サービスが永続しそうな大手ストアに絞った方が良さそうです。

シェアする

フォローする