電子書籍で稼ぐためには数多く出版する

電子書籍で稼ぐ秘訣は1つ。数多くのタイトルを出版することです

すでにAmazonのKindle出版(KDP)で稼いでいる人にとっては常識になっていることです。

著名な作家であっても、書き続けないと食べていけないのが執筆業です。

まして、無名な人が電子書籍を売るなら、とにかく数を出さなくてはどうにもなりません。


1冊から得られる収益が少ない

1冊の本の価格は安いものです。

  • 紙の本:1冊1,000円前後。印税100円。
  • 電子書籍:1冊250円前後。印税150円。

上記は、大雑把な目安ですが、1冊売って得られる利益は100円程度なんです。

1ヶ月に100冊売れても、1万円にしかなりません。お小遣い程度です。

Kindleでよく見かける99円電子書籍は、印税が30円程度。1ヶ月に100冊売れても3千円です。

ですから、稼ぐためには、とにかくたくさんの本を売るしかありません。1ヶ月で1000冊売るくらいなって、はじめて副業といえるくらいです。

では、どうすれば大量に売ることができるでしょうか。

ヒットは予測できない

大量に売れるようなヒット作を作ろうとするのは間違いです。

ヒット作は、狙って作れるものではありません。

構想に3年かけて電子書籍を書いたところで、まったく売れないかも知れない。

3日で書いた電子書籍が爆発的に売れることもある。

ということで、ヒット作は予測できない以上、たくさんタイトルを出版して、確率的にヒットを待つしかないのです

個人出版だけに限った話ではありません。どの出版社も毎月のように膨大なタイトルを出版しているのは、売れるかどうかの予測が立たないからです。

読者の嗜好性が細分化されている

いや、ヒット作は必要ないかも知れません。

たくさんの本を出版して、累積的に売上を稼げばいいのです。

1つのタイトルで毎月5冊しか売れなくても、200タイトル出版していれば、合計1000冊売れる計算になります。

読者のニーズが同じような業界であれば、何百種類もの商品をリリースするのは無理があります。

たとえば、お風呂の洗剤を作るメーカーであれば、何百という種類の商品を出すことはありません。消費者のニーズは「お風呂が綺麗になればいい」だけですから、そこまで多様な商品は求められていません。(香りの種類、防カビといった機能別に、10種類くらいが限度でしょうか)

しかし、書籍のニーズ(情報コンテンツのニーズ)というのは、人間の数より多くあります

読者の嗜好は極めて多様なので、小説であろうとビジネス書であろうと、タイトルは無限に生み出すことができます。

100億でも200億でもタイトルは無限に生み出せるし、実際にそれだけのニーズがあるのです。

ですから、細分化されたニーズを拾い集めることによって、売上を確保することができます。

名作を書こうとしない

ニーズが多様であるにも関わらず、1つのニーズにこだわるのが作家魂です。

1つのテーマが万人に通じるような錯覚をもってしまうものです。

しかし、歴史に残る名作を出版しても、興味のない人は絶対に読みません。

  • 天才的な「私小説」を書いても、興味がない人は読まない。
  • 神がかり的な内容の「Wordpress 解説書」を書いても、必要がない人は読まない。

つまり、出版業というのは、1つのタイトルに魂を込めて、名作を生み出す仕事ではありません。人々の多様なニーズを満たすビジネスなのです。

ですから、1つのタイトルに全人生を賭けて取り組むのは、出版業としては間違っています。

1つのテーマを追い求め、自分を救うための文章を書くことのよって、多くの人の共感を得ることはできるかも知れません。稼ぐことが目的でないなら、それでいいのです。

しかし、稼ぐのが目的なら、多品種生産をして、ロングテールで稼ぐのが王道です。1つのテーマで大儲けしようというのは、宝くじに当たるのを待つようなものです。

個人が出すような電子書籍となれば、著者や出版元に信用がないわけですから、なおさらニッチ分野を攻めて、膨大なタイトル数を出すしかありません。

100タイトルの出版を目指す

とりあえず、100冊の電子書籍を出版しましょう。話はそれからです。

20タイトル程度では、まったく統計的な意味がありません。

100タイトル出せば、それまでに得られる経験値はかなりのものです

  • 1冊出版するのに要する時間
  • どのタイトルはどのくらい売れるか
  • どのようなテーマは効率的に売れるのか
  • どのような内容はどのくらいのレビューがもらえるか

こういった得難い経験と情報を手に入れることで、「もっと稼ぐためにはどうするか」という次に進む道が見えてきます。

シェアする

フォローする