Rentaの48時間レンタルを無期限レンタルにアップグレードする方法

Rentaの48時間レンタルは、無期限レンタルに変更できます。

面白い漫画だと思ったら、差額分のチケットを支払うだけで無期限レンタルになります。

ただし、レンタル中の作品だけです。48時間たって返却した後は対象外となります。

スポンサーリンク

レンタル中に無期限にするかどうか判断

Rentaで電子書籍を読むときは、「48時間レンタル」にするか「無期限レンタル」にするかで迷います。

少ないチケットで借りられる「48時間レンタル」にするケースが多いかも知れません。

1チケットを払って、上記の本を48時間レンタルしたとします。

けっこう面白い。改めて読むことがありそうなので、「やっぱり無期限でも良かったかな」と思ったとします。

「借りている本」のページにいくと「無期限レンタルにアップグレード」のコマンドがあります。

48時間レンタルが1チケットで、無期限レンタルが5チケットなので、差額の4チケットで無期限になります。

差額分のチケットを支払うと以下のようになります。

無期限レンタルにすると、「読む」コマンドだけになります。

無期限レンタルにアップグレードできるのは、48時間のレンタル中だけなので注意してください。

無期限レンタルの前にまず48時間で借りてみる

アップグレード機能があるので、どんな本も48時間レンタルから始めるのがお勧めです。

48時間レンタルが可能な本は、まずは48時間で借りてみます

もしつまらなかったら、そのまま48時間レンタルで終了する。

面白いから購入したいと思ったときは、無期限レンタルにアップグレードします。

支払うチケットは差額だけなので、損をすることはありません。

シェアする

フォローする