Renta!がチケット制からポイント制へ

2018年3月28日から、Renta!がポイント制になります。

今までのチケット制だと価格設定が100円単位なので、さすがに限界だったのでしょう。

スポンサーリンク

保有チケットはポイントに変換される

ユーザーが保有しているチケットは、1チケット=100ポイントで変換されます。

10チケット保有している人は、1000ポイント保有に変わることになります。

購入するときは、今までの1チケット108円(税込)から、100ポイント108円(税込)に変わります。

ユーザーが混乱することはなさそうです。

チケット制の魅力はシンプルな価格設定だった

チケット制だった頃は、価格設定が100円単位でした。

  • 1チケット=108円(税込)
  • 2チケット=216円(税込)
  • 3チケット=324円(税込)
  • 4チケット=432円(税込)
  • 5チケット=540円(税込)

このようなシンプルな価格設定はチケット制の魅力でした。

ついチケットを買いすぎてしまった人も多いはず。

無期限レンタルが増えて価格のズレが発生

1チケット〜3チケットの48時間レンタルならチケット制でも問題はありません。

しかし、無期限レンタルとなると問題が発生します。

有名コミックは48時間レンタル対象になっていることが少なくて、ほとんどが「無期限レンタル」でした。

無期限レンタルは、他ストアの「購入」と同じです。

Rentaの「無期限レンタル」は通常の購入と何が違うのか
Renta!には「48時間レンタル」と「無期限レンタル」があります。 「無期限レンタルの意味がわからない」という質問がけっこう...

そうなると、100円単位の価格設定しかできないチケット制のRenta!は、他ストアの価格設定とズレることになります。

他ストアで470円の電子書籍コミックがあったとしたら、Renta!の無期限レンタルは4チケットか5チケットのどちらかになります。

他ストアより安くするか、高くしないといけない。会社の利益を削るか、ユーザーに迷惑をかけるか。究極の選択になります。

チケット制はやっぱり無理がありそうです。

ポイント制への移行はしょうがないですね。

ところで、48時間レンタル対象の電子書籍は、無期限にアップロードできます。以下のページでご説明しています。

Rentaの48時間レンタルを無期限レンタルにアップグレードする方法
Rentaの48時間レンタルは、無期限レンタルに変更できます。 面白い漫画だと思ったら、差額分のチケットを支払うだけで無期限レ...

シェアする

フォローする