【Kindle Unlimited】読み放題の対象本は激しく入れ替わる

過去に「Kindle Unlimited対象」とリンクした本が、今では読み放題の対象ではなくなっていることがよくあります。

Kindle Unlimitedの対象本は、けっこう激しく入れ替わるみたいです。

スポンサーリンク

以前は読み放題で読めた本

かつてはKindle Unlimited対象本だったけど、今では読み放題で読めない本の一例です。

    

上記は、たまたま気づきましたが、調べれば大量にあるはずです。

あとクリス・アンダーソンの「メイカーズ」ですが、最初は読み放題対象で、しばらくして対象ではなくなりました。

現在は再び読み放題の対象です。

わりと頻繁に読み放題の対象になったり、対象から外れたりと、入れ替わる気がします。

先延ばしすると買う羽目になる

読み放題で面白そうな本を見つけたときに、「また今度読もう」と先延ばししていると、読み放題の対象でなくなることがあります。

Kindle Unlimited加入者の人は、Kindleストアで面白そうな「読み放題対象本」をみつけたら、すぐに目を通した方がいいかも知れません。

対象でなくなってしまえば、買うしかなくなります。(紙の本でいいなら図書館という手もありますが)

出版社は試行錯誤中

電子書籍を読み放題にするかどうか。その判断は、当然ながら本の権利者(出版社)のはずです。

Kindleストアが独断で読み放題にできるわけがありません。

著者の意向が入るケースもあると思いますが、出版社の方針にしたがって、「読み放題」にしたり、やめたりしているようです。

Kindle Unlimitedが2016年8月にはじまって、まだ1年半です。

どの出版社も試行錯誤の最中だと思います。

Amazonも試行錯誤

読み放題だった本が、突然削除された事件が2016年のKindle Unlimited開始時にありました。

Amazonが有利なロイヤリティを出版社に提供する契約をしたところ、市場予測を誤って、予算が一瞬で尽きてしまったそうです。

あまりに多くのユーザーが読み放題で大量に読んだので、出版社に提供できるロイヤリティの予算がなくなったのです。

この場合、「読み放題」を停止したのは、Amazonの判断となります。

KDP本を読み放題にするかどうかの判断

セルフ出版のKDP本の場合、読み放題の対象にするかどうかの判断は、本を登録する著者となります。

ロイヤリティ(印税)を70%と35%の2つから選ぶことになりますが、70%のロイヤリティを手にするためには、KDPセレクトに登録する義務があります。KDPセレクトに登録すると、読み放題の対象になります。

読み放題の対象にしたくない場合、ロイヤリティは35%しか選べません。

ロイヤリティが半減するのはけっこう痛いし、読み放題の既読ページ数に応じた報酬もあります。KDP本の著者は、自分の電子書籍を読み放題の対象にするケースが多くなります

KDP本はそれほど急いで読まなくても、ずっとKindle Unlimitedで読み放題のままだと思います。

まだAmazonの読み放題を試していない人は30日無料でどうぞ。
→ Kindle Unlimited

シェアする

フォローする