Kindle Unlimited加入者にとってPrime Readingは意味がない

2017年10月にAmazonで「Prime Reading」が始まりました。

Amazonのプライム会員は、数百冊の電子書籍が読み放題になります。

プライム会員は動画の見放題や音楽の聴き放題が売りなので、それに本の読み放題が加わったことになります。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedの加入者は関係なし

Amazonの読み放題といえばKindle Unlimitedがあります。

何が違うのか?という点について、Amazonが特設ページで解説しています。

→ Kindle Unlimited / Prime Readingの違い

要するに、プライム会員は、Kindle Unlimitedの中から数百冊が読み放題になります。

もともとKindle Unlimitedに加入している人は、元から読み放題の電子書籍なので関係ありません。

私はプライム会員かつKindle Unlimited加入者なので、Prime Readingのメリットはありません。

プライム会員にとってはメリットが加わった

Kindle Unlimited未加入で、プライム会員の人にとってはメリットの多いニュースです。

動画、音楽に加えて、電子書籍も追加コストなしで読めるので。

数百冊というのは少ないですが、まずまず面白そうなタイトルが揃っています。

プライム会員のメリットが大きくなってきたので、これを機会にプライム会員になるのもありだと思います。

→ Amazonプライム

読み放題の醍醐味はやっぱりKindle Unlimitedです。和書12万冊が読み放題になります。

→ Kindle Unlimited

Amazonの狙いは定額読み放題の普及

一番の狙いはKindle Unlimitedの会員を増やすことだと思います。

数か月前からKindle Unlimited加入がアフィリエイト対象となり、本気で読み放題の会員を増やすつもりのようです。

Amazonは、Kindle Unlimited(定額読み放題)がビジネスとして成り立つことを確信したみたいです。

プライム会員はもともとAmazonへのロイヤリティが高い顧客層なので、Prime Readingで電子書籍の読み放題を経験してもらえば、Kindle Unlimitedに誘導できます。

もし、プライム会員そのものを増やすことが目的なら、「数百冊」なんて言わずに「数千冊」を読み放題の対象とするはずです。

シェアする

フォローする