【本の未来】Kindle Singlesが普及しない理由

kindle singlesは、50~100ページ程度のkindle本です。

価格も200円前後です。

個人出版のKDPではありがちな分量ですが、kindle singlesはプロ作家による電子書籍です。

将来的にkindle singlesが本の主流になると考えていますが、なかなか普及しません。

理由について考えてみました。

→ kindleストアの Kindle Singles公式

スポンサーリンク

kindle singles(シングルス)とは何か

kindle singlesは、「著者が最も適切と思う長さで書籍を出版できるサービス」です。

紙の本とは違って、少ない分量で市場でリリースできる点に特徴があります。

著者がAmazonに提出し、Amazonが出版社となってkindleストアで販売します。

日本で2015年4月に始まりました。プレスリリースは以下です。

通常、30~150ページで構成されます。価格は、99円~399円。

イメージとしては、「新書の3分の1」ってところです。

プロ作家だけでなく、新進気鋭の新人もAmazonの判断で出すことがあります。

kindle singlesは本の未来

紙の本は一定のページ数がないと商品として成立しません。そのため、必要以上の文字数となりがちです。

電子書籍ならいっさいの制約がないため、今より文字数が少ない本が主流になると予想されています。

以下のページで書きましたが、「ほとんどの本は50ページでワンテーマの情報を伝えるパンフレットになる」と考えています。

電子書籍を読み始めて、2年くらい経ちます。最近は電子書籍ばかりです。 いつの間にか電子書籍が当たり前になったけど、最初のうちは...

kindle singlesは「本の未来」を先取りした新サービスです。

タイトル数が少ない理由

kindle singlesが始まってから3年近くたちますが、現在(2018年1月9日)のタイトル数はわずか67点です。

タイトル数が少ない理由は、kindle singlesサービスを利用する著者が少ないからです。

kindle singlesはあくまで著者がAmazonに原稿を持ち込むサービスなので、たくさんの著者が持ち込めばタイトル数は増えます。

プロ作家から見れば、電子書籍のシェアが小さいので売上が見込めません。

従来の出版流通を使って、紙と電子書籍の両方で出す方が合理的なのです。

将来的には爆発的に普及するか

現在、電子書籍のほとんどがコミックなので、一般書籍の電子書籍は2%程度のシェアしかありません。

将来、今の10倍くらい電子書籍が普及して、一般書籍の電子書籍でも20%のシェアになるかも知れません。

そうなったらkindle singlesに原稿を持ち込むプロ作家が大量に出てくるはずです。

そのとき、本の概念が変わることになります。

Amazonが出版することになるので、多くの出版社が苦境に陥るかも知れません。

今後、電子書籍のシェアが拡大するのにともなって、kindle singlesのタイトル数が増えるかどうかに注目しています。

kindle singlesのお勧めタイトル

現在、出版されているkindle singlesの中で、お勧めタイトルをご紹介します。

ロングレンジ

「重力ピエロ」の伊坂幸太郎さんによるオリジナル短編。

「久しぶりに実家に帰ったわたしは、引きこもり中の弟にある大事な相談をするが……。」

神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ

「陸王」「半沢直樹シリーズ」の池井戸潤さんによる人気シリーズ。

本編は、中央公論新社「花咲舞が黙ってない」に収録されているので、kindle singlesによるばら売りとなります。

ばら売りの方が、気に入ったら買い進めることができるし、気に入らなければ損失が少なくて済みます。(kindle unlimitdの対象にもなっています)

新しいメディアの教科書

ITと社会についての論考を発表しているジャーナリスト佐々木俊尚さんの著書。

ネットとメディアの最新情報です。

追記:米Amazonで公募から直接委嘱へ

米AmazonがKindle Singlesの方針を転換したニュースが入ってきました。

それまで、Kindle Singlesの原稿は公募方式をとってきましたが、Amazonが大物作家に直接委嘱する方針にしたそうです。

KDPセレクトの延長線ようなインディーズ路線から、マスマーケティング路線への転換といえます。

Amazon出版の編集部が大物作家に執筆を依頼して、Amazonが出版することになります。普通の出版社と同じ方式を取ることにしたようです。

違いがあるとすれば、Kindle Singlesの特徴である「少なめの文字数で低価格」ということになりそうです。

いずれアマゾンジャパンもKindle Singlesについて同様の方針転換をするかも知れません。そのとき出版業界に激震が走ることになりそうです。

シェアする

フォローする