Kindleアプリのハイライト機能を使う方法

Kindleを読むなら、ハイライト機能は欠かせません。

ハイライト機能とは、いわゆる「線引き」のことです。

気に入った文章を強調させて、その部分だけを読み直すことができます。

このページでは、Kindleのハイライト機能を使ったことがない方に向けて、使い方を解説します。

Kindleアプリのハイライト機能の使い方

ここではスマホのKindleアプリでのハイライト機能についてご紹介します。

PCアプリでもKindle端末でも、使い方はほぼ同じです。

Kindleで読んでいて、ハイライトしたい部分(マーカーで線を引きたい部分)を長押しします

ハイライトしたい部分の終点まで指をずらしてスライドします。

これだけで、終わりです。(色を変えることもできます)

ハイライトした文章はノートブックに集積されます。

右上のメニューを開くと、「ノートブック」の項目があります。

そこをタップしてみてください。

こんな風に、ハイライトした文章が集積されます。

ハイライトした文章のカード(アイテム)をクリックすれば、その部分のページに飛ぶことができます。

ハイライトはクラウドで同期されますので、PC、スマホ、専用リーダーすべてで共有されます。

読み直したい部分をどんどんハイライトしてください。ノートブックでハイライトだけを読み直すことができます

自分にとって重要な部分をハイライトすることで、「身につく読書」になります。

ちなみに、上記の画像の電子書籍は以下。

営業の古典的名著です。

Kindle端末のハイライト機能

Kindle端末のハイライト機能も使い方は同じです。

使い方を解説したページがたくさんありますので、リンクをご紹介します。

上記ページで写真付きで解説しています。

使い方は同じなので、アプリの使い方がわかっていれば十分だと思いますが。

Youtubeに使い方の動画もアップされていましたので、画像でわからない方は動画をどうぞ。

ハイライト機能は、電子書籍のメリットのひとつです

せっかく電子書籍を利用するなら、ぜひハイライトを使ってください。

シェアする

フォローする