Google Playに自作EPUBファイルをアップロードする方法

Google Playは、Goolgeのデジタルコンテンツのプラットフォームです。

EPUBファイルをGoogle Playにアップロードして読むことができます。

電子書籍を出版するとき、自分で作ったEPUBファイルを確認できます。

もちろん自作EPUBでなくても、どんなEPUBファイルも読めます。(DRMでロックされているファイルは不可能)

スポンサーリンク

パソコンでEPUBファイルを読むなら「Google Playブックス」

Google Playブックスは、もともとGoogle Playで購入した電子書籍を読むためのアプリ・サイトですが、EPUBファイルのアップロードも可能です。

  • Windows,Mac,iOS,Androidすべて対応
  • PCはブラウザで手軽に読める。スマホはアプリで読む。
  • クラウドにファイルを保存して、どの端末からも閲覧可能
  • しおり、ハイライト、注釈(メモ)をつけられて、クラウドで同期する。

EPUBリーダーとしてほぼ完ぺきな機能です。

EPUBリーダーアプリはたくさんありますが、Google Playブックスがベストな選択になると思っています。

EPUBファイルのアップロードは簡単

EPUBファイルをわざわざアップロードする人は、PCを使って操作するケースが多いので、PC版について解説します。

まず、ブラウザでGoogle Playに行きます。

その中で、「書籍&マンガ」タブを開きます。

次にマイブックを開きます。

マイブックには、購入した電子書籍の一覧があります。

次に「アップロード済み」をクリックしてください。

マイブックには、購入した電子書籍とアップロードしたEPUBファイルが一緒に表示されます。

「アップロード済み」をクリックすると、アップロードしたファイルだけが表示されます。

何もアップロードしていない方は、空欄です。

右上に「ファイルをアップロード」ボタンが大きく表示されていますので、そこからEPUBファイルをアップロードしてください。

シェアする

フォローする