EPUBリーダーのReadiumで警告!クロームアプリ終了

「Readium」という有名なEPUBリーダーがあります。

パソコンのクロームブラウザを使ってEPUBを読む手段としては、もっとも有名なEPUBリーダーです。

しかし、Googleは2016年からクロームアプリを段階的に廃止しています。

2018年末になり、Readiumを起動すると警告が出るようになりました。

どうやらパソコンでReadiumが使えなくなるようなので、調べてみました。

スポンサーリンク

Readiumを起動すると「これが最後」の警告

2018年11月5日現在、Readiumを起動すると以下のポップアップ注記ができます。

簡単に翻訳してみます。超訳(笑)です。

Readium クロームアプリ -警告

重要:

これがReadiumクロームアプリの最後のリリースです。グーグルは、クロームWEBブラウザのアプリについてサポート終了を決定しました。詳しくはここ

同時に、グーグルはクロームアプリを完全に廃止する予定です。残念ながら、Readiumにはどうしようもありません。

ということで、EPUBファイルを読むための代替ソフトをご検討ください。Readium公式サイトでご紹介しています。

Readiumはとても軽くて、便利なEPUBリーダーだったんですが、クロームアプリとして使えなくなるみたいですね。

ただし、Googleが終了するのは、Windows,Mac,Linuxのクロームアプリです。

WinやMacといったパソコンでReadiumが使えなくなりますが、スマホアプリは使えるようです。

Readiumはクローム拡張機能なのかアプリなのか?

巷で少し混乱があるみたいなのですが、グーグルが終了するのは「クロームアプリ」であって、「クローム拡張」ではありません。

あれ?Readiumってクローム拡張機能じゃなかったっけ?

クロームアプリとクローム拡張の違いは以下のサイトで解説されています。

ここの説明によると、Readiumはクロームアプリであり、Packaged Appsに分類されます。

以下、Packaged Appsの特徴です。

  • 単独のアプリが立ち上がる
  • オフラインでも使える
  • Chromeを起動せずに使える

Readiumは、一度Googleウェブストアからインストールすると、単体で動作して、オフラインでも使えます。

Readiumは、定義上、クロームアプリ(Packaged Apps)です

今回、Googleが是が非でも廃止したいのが Packaged Apps なので、Readiumは該当します。

Googleのウェブストアのページでは、なぜかReadiumが「拡張機能」とカテゴライズされていますが、このあたりの理由は不明です。

結論:クロームアプリのReadiumはそのうち使えなくなる

Googleウェブストアで、「readium」で検索してもヒットしなくなっています。

今のところウェブストア内にReadiumのページは存在しますので、本家Googleで検索して直接ページに行けばインストールできます。昨日やってみて、まだインストールできました。

しかし、ウェブストア内で検索してもヒットしません。事実上、ウェブストアでは存在しないことになっているわけです。

そもそもReadium自身が「最後のリリースだから、今後は別のソフトを探してね」と伝えてきたので、終了は間違いないです。

シェアする

フォローする