【eBookJapan】eBookポイントとeBook図書券の違い

eBookJapanには、eBookポイントとeBook図書券があります。

eBookポイントはよくあるストアポイントですが、eBook「図書券」はわかりずらいかも知れません。

eBook「図書券」は、いわゆるクーポンコードのことです。

スポンサーリンク

eBookポイントはeBookJapanのポイント

eBookポイントとは、eBookJapanでのみ使用できるポイントです。

電子書籍を購入することでポイントを獲得できます。通常1%のポイントがたまります。

500円の電子書籍を買うと5ポイント。

1ポイント=1円

全巻まとめ買いすると5倍の5%分のポイントがもらえます。

その他、キャンペーンによって、ポイントの倍率が増えることがあります。対象の電子書籍は30倍ポイント(30%分のポイント)等。

このようなポイントシステムは、ほとんどの電子書籍ストアにあります。

eBook図書券はeBookJapanのクーポン

eBook図書券とは、eBookJapanで電子書籍を購入できるコードです。

500円分のeBook図書券だったら、500円分の電子書籍が買えます。お釣りはでません。

他のストアではクーポンと呼んでいるものとほぼ同じです。

eBook図書券を獲得する方法は、キャンペーンや企画に参加することです。

以下は、2017年のWONDAキャンペーンメールです。

このように、何らかの企画に参加することでeBook図書券を手に入れることができます。

eBook図書券のことをAmazonギフト券のようなものだと勘違いしている人がいますが、購入はできません。

あくまで、クーポンだと考えておいてください。

シェアする

フォローする