編集長133人が今読むべきオススメの漫画を推薦

eBookJapanでまた面白い企画をやっていました。

マンガ雑誌・メディアの編集長が「今読むべきマンガ」を推薦するもの。

少年マガジン、ビッグコミック、モーニングといったお馴染みのマンガ雑誌から、女性マンガ誌まで、編集長が133人勢揃いしています。

自社メディアだけでなく、「他誌だけど、これはヤバい!」推薦もあります。

推薦された漫画はポイント50%還元中です。

スポンサーリンク

気になったマンガをピックアップ

推薦された漫画の中で、以下に興味を持ちました。読んでみようと思っています。

画像リンクはAmazon です。レビューも多いし、Amazonで買う人が多いので。

虐殺器官 (推薦:月刊ニュータイプ編集長)

早逝が惜しまれた伊藤計劃さんの「虐殺器官」。私は小説を読んだこともなく、話題のアニメ映画も観ていません。

漫画から入ろうと思います。3巻で完結とのこと。3巻くらいで完結するシリーズは買いやすいです。

はっぴーえんど (推薦:ビッグコミック編集長)

終末医療がテーマらしいです。ビックコミックらしい業界もの。

在宅での臨終を望む患者と向き合う「看取りの医師」の物語。

漫画をきっかけにして、こういったテーマを考えてみたいです。

花束をください(推薦:月刊コミックバーズ編集長)

「俺はまだ本気出してないだけ」の青野春秋。この人の漫画はほとんど読んでいます。

自殺しようとしたおっさん。偶然出会った若者。どんな展開に進んでいくのか気になります。

昭和天皇物語(推薦:ビッグコミックオリジナル編集長)

昭和史にはそれほど興味がなかったんですが、能條純一なら読むしかない。圧倒的な画力を堪能できそうです。

半藤一利氏が共著者に名を連ねています。「日本のいちばん長い日」で知られる昭和史の大家ですね。

この漫画にかける本気度が伝わってきます。

良作マンガを知るきっかけは多いほどいい

世の中には優れた漫画があまりに多くて、知らない名作ばかりです。

【まだ知らない名作】面白い漫画を探す方法
「こんな面白い漫画があったのか!」 新しい漫画を読んだときに、こんな感想を持つことが多いです。 出版されている漫画の数が...

上記ページで記事にしましたが、世の中には、まだ知らない面白い漫画がたくさんあります。

たくさんの名作と知り合う方法を上記ページで列挙しました。

  1. Google検索とAmazonレコメンド
  2. 漫画ポータル
  3. 個人ブログ
  4. 電子書籍ストア
  5. 出版ランキングや漫画賞

ぜひご参照ください。

シェアする

フォローする