【電子書籍のメリット】漫画を大画面ディスプレイで読むと没入感がすごい

電子書籍は、スマホ・タブレット・PCなど様々なデバイスで読むことができます。

漫画が好きなら、一度は大画面ディスプレイで読んでみてください

漫画の世界に没頭できます。

漫画の他にも、雑誌・写真集・画集を読むなら大画面がお勧め。

スマホをテレビ画面とつなげる方法についても解説します。

大型ディスプレイで漫画で読む

デスクトップPCの利用者は激減しているので、スマホ・タブレット・ノートPCで電子書籍を読んでいる方が多いと思います。

文字を読むなら小さな画面でも問題ありませんが、漫画はできれば大きな画面で読みたいところです。

以下、22インチワイドのデスクトップモニタです。

最近は30インチを超えるデスクトップモニタが多いですが、22インチでもすごい迫力。

目の前いっぱいに漫画が広がります

没入感がすごい。

見開きページも大迫力。

大画面で漫画を読むと、作品にたいする満足感が上がる気がします。

上記の漫画はヒストリエです。

漫画を大画面で読むのは、紙の本にはできない芸当です

電子書籍だからこそ可能になった新しい読書スタイルです。

スマホの画面をテレビに表示

デスクトップ用の大型モニタを持っていなくても、大画面で漫画を楽しむ方法があります。

スマホの画面をテレビに出力できます。

テレビにwi-fi機能をつけて、スマホ・タブレットからテレビにデータを飛ばす機器があります。

これらの機器を使うことで、スマホ・タブレットの画面をテレビに出力することが可能となります。(wi-fi機能があるノートPC等でも可能です。)

スマホ経由でネット動画をテレビに出力することも可能です。あるいは、スマホで撮った写真をテレビの大画面で出力できます。電子書籍をテレビで読むことも可能。

これらの「ネットとテレビを繋げる機器」は、いずれ一家に一台まで普及するはずです。

 

Fire TV Stickは、スマホ・タブレットのテレビ出力(ミラーリング)可能です。

まだまだ発展途上の機器ですが、漫画を大画面で読むために試してみてはいかがでしょうか。

コメント