恥ずかしい本は電子書籍で買う

ちょっと恥ずかしい商品は、ネット通販で爆発的に売れます。

対面で購入するのは恥ずかしいから、みんながネットで買うことになります。

スポンサーリンク

お薬の購入が恥ずかしい心理

たとえば、痔の薬はどうでしょうか。

10代、20代の女性は、街のドラッグストアで買いたくないと感じることでしょう。

薬を買えば、その症状を抱えていることを告白することになります。お店のスタッフが男性の場合は、女性は会計が苦痛になることでしょう。

痔の薬に限らず、あらゆる病気のお薬に当てはまることです。病気は重大なプライバシーですから、ネット通販でこっそり買いたい人が多いはずです。

恥ずかしい本は通販で買う

書籍も同じです。

たとえば、Amazonで売れ筋の本に以下のものがあります。

誰もが興味はある内容でしょう。しかし、街の本屋さんでこの本を購入するのは、ちょっと気が引ける。会計時にちょっと恥ずかしい。

みんながネット通販で買うことになり、Amazonのランキングを押し上げることになります。恥ずかしい本ほど、ランキングが上がりやすいのです。

電子書籍は処分に困らない

電子書籍はさらに大きなメリットがあります。買った本の処分に困らないというメリット。

たとえば、上記の本を紙で買えば、自宅の本棚にずっと鎮座させることになります。ちょっと気が引ける人が多いことでしょう。誰かの目に触れるリスクがあるからです。

その点、電子書籍であれば、本という物体の処理に困ることがありません買った事実がまずバレない

昔はエロ本の処分に困るなんていう話がよくあったんですが、今の時代はないですね。デジタルデータになっているからです。

中年になると恥ずかしくない

恥ずかしいという感覚は、歳とともに減っていきます。

今なら、私はどんな恥ずかしい商品でも平気で対面購入できますが、若いときは恥ずかしかったものです。

若いうちは自意識過剰なもので、些細なことを恥ずかしいと思うものです。やがて歳を取ると羞恥心がなくなっていくので、何をしても恥ずかしくなくなる。

ネット通販やデジタルデータの有難みは、若い人ほど感じることでしょう。

シェアする

フォローする