入院中のお見舞いにAmazonギフト券という選択肢【Kindle本購入用】

入院している人をお見舞いするときは、差し入れに迷うものです。

「果物」と「花」がお見舞の定番ですが、ありきたりです。「自分がもらって嬉しいもの」を差し入れしてあげたい。

そこで、思いついたのはコンテンツを購入できるギフト券です。

スポンサーリンク

入院中はとにかく暇

私は学生時代に2回入院した経験があります。(虫垂炎と静脈瘤)

入院中はとにかく暇でした。

当時はスマホなんてなかったので、ゲームボーイで遊んでいました。しかし、ソフトの数は限られているので、すぐに飽きました。

本は数冊用意しましたが、すぐに飽きてしまいました。

2回とも手術日を含めて1週間ほどの入院だったのですが、とにかく暇だったことを覚えています。

暇潰しにコンテンツ

ここ最近は、入院中に退屈しない時代になりました。

スマホ・タブレットがあれば、際限なくコンテンツを楽しめます。

  • 電子書籍・コミック・雑誌
  • 動画(映画・ドラマ・Youtube)
  • ゲーム・アプリ
  • ネットのwebサイト・ブログ

暇をまったく感じないはずです。

いくらでもコンテンツにアクセスできます。

お見舞いの品はコンテンツを買えるもの

もし友人・同僚・家族が入院して、お見舞いに行くとしたら何を持っていくか。

差し入れる品は、けっこう頭を悩ますものです。

今の時代は、コンテンツの購入に役立つギフト券が良さそうです。

今では、スマホやタブレット(またはノートPCや電子書籍リーダー)は入院患者も持ち込んでいるはずです

Amazonギフト券を差し入れれば、Kindle本や動画の購入用としてすぐに使えます。

万が一、入院中に使わなくても、退院後にいくらでも使い道がある。

もらって嬉しいプレゼントです。

急なお見舞いにもすぐに用意できる

Amazonギフト券の強みとして、コードを送ればいいことです。

Eメールで送ることもできる。

急にお見舞いに行くことになっても、5分あれば用意できます

さすがにEメールで送るのは味気ないなら、印刷して封筒に入れるタイプもあります。

→ Amazon ギフト券

シェアする

フォローする