リアル書店(文教堂・ジュンク堂・丸善)でhontoポイントが貯まる

文教堂書店に立ち寄ったときに、「hontoポイント貯まります!」という大きな看板がありました。

書店で本を買うと、電子書籍で使えるポイントがたまる。(書店でポイントを使うこともできる)

リアル書店と電子書籍ストアの融合に興味を持ちました。

今まで、電子書籍ストアのhonto(ホント)には注目していなくて、一度も使ったことはなかったのですが、この機会にどんなストアか調べてみました。

スポンサーリンク

リアル書店と電子書籍ストアでポイント共有

hontoの一番の特徴は、リアル書店との提携です。

以下の書店と提携しています。

  • 丸善
  • ジュンク堂書店
  • 文教堂
  • 啓林堂書店

大手の書店チェーンなので、多くの人が立ち寄る機会があるのでは?

私は文教堂とジュンク堂に立ち寄ることがあります。

これらの書店で本を買うと、電子書籍が使えるhontoポイントがもらえます。

リアル書店でもらえるポイントは、0.5%です。

たとえば、ジュンク堂で1万円分の本を買うと、50円分のポイント。

うーん、ちょっと還元率が少ないかな。塵も積もればですかね。

会計時にカードを差し出すだけでポイントがたまるわけですから、上記の書店チェーンをよく使う人なら、悪くないですね。

逆に、電子書籍ストアのhontoで1万円分の本を買うと、100円のポイント。これをリアル書店で使うことができます。

リアル書店でもポイントが使えるのは大きい。

以下、honto公式サイトです。

→ 電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

大型書店のショールーム化を防ぐ唯一の道か

以前、大型書店がショールームになってしまって、お金を使うのは電子書籍ストアになる時代が来ると書きました。

Amazonで読み放題サービスがはじまってから、書店で衝動買いするのはリスクが増えてきました。 買った本が読み放題の対象になっ...

大型書店が電子書籍ストアと提携して、ポイントを共有するのは、ショールーム化を防ぐのに有効だと思います。

どちらの書店も同一資本なら、電子書籍ストアで購入されても問題がない。

せっかくなら、提携書店で本を立ち読みしたときに、本についているバーコードを使ってhontoの電子書籍をすぐに買えるようにしてほしい。

そのくらい便利になれば、Amazonや楽天に対抗できるのではないでしょうか。

シェアする

フォローする