ドラッカーは電子書籍で読める

ピーター・ドラッカー氏が亡くなってから10年以上たちます。

一時のドラッカーブームは沈静化しましたが、今でもビジネスマン・経営者の必読書となっています。

今からドラッカーを読むなら電子書籍で読みたいところ。はたして、ドラッカーの著書は電子書籍化されているでしょうか。

(上記写真は在りし日のドラッカー氏。Wikipediaから引用)

スポンサーリンク

ドラッカーは電子書籍化されている

日本でドラッカーの著書を刊行しているダイヤモンド社は、電子書籍への対応が迅速でした。

2012年の段階で、ほぼすべての著書を電子書籍化しています。

ドラッカーの主著「マネジメント」。(エッセンシャル版)

ドラッカーが「マネジメント――課題・責任・実践』からもっとも重要な部分を抜粋した書籍。ドラッカーの入り口であるとともに集大成とされます。

「イノベーションと起業家精神」(エッセンシャル版)

イノベーションを体系化した著書。イノベーションは才能やひらめきがもたらすものではなく、学習し実行できるもの。

ドラッカー名著集1「経営者の条件」

自己啓発の古典。成果を出す考え方から時間管理まで。「経営者」とありますが、誰もが自らの人生をマネジメントしているので、すべての人に有用な内容です。

ドラッカー名著集はシリーズすべて電子書籍化されています。

→ ドラッカー名著集一覧

ドラッカー関連本といえば「もしドラ」が有名ですが、本書は「経営者の条件」をテーマにした小説仕立て「人生を変えるドラッカー」。

3分で読めるドラッカー年表

ドラッカー氏の略歴を簡単にまとめます。(年齢は誕生日をまたいでいるとは限らないので、「〇歳前後」と考えてください)

  • 1909年:オーストリア・ウィーンでドイツ系ユダヤ人の家に生まれる。父はウィーン大学教授。
  • 20歳:記者になる。その後、22歳前後のときにフランクフルト大学の法学博士号取得。
  • 24歳:イギリス・ロンドンに移住して投資銀行に勤める。
  • 30歳:アメリカ合衆国に移住して、処女作「経済人の終わり」を上梓。
  • 33歳:ベニントン大学教授に就任。その後、ニューヨーク大学を経てクレアモント大学院大学の教授を晩年まで務める。
  • 50歳:初来日。以降、日本との交流がはじまる。
  • 2005年:95歳没。

ドラッカーの交友関係

ドラッカー氏の自伝には、歴史上の人物が大量に出てくることで知られています。(「傍観者の時代」や日経新聞「私の履歴書」など)

以下、ドラッカー日本公式サイトで、交友関係をまとめたページがありました。

シュンペーター、フロイト、ポランニー、ハイエク、トーマス・マン、ケインズなど。

「交友」だけでなく、幼少期に「接した人物」も含まれますが、父がウィーンの知識人だったこともあり、そうそうたる人物が出てきます。

シェアする

フォローする