コンビニ支払いができる電子書籍ストア一覧

「コンビニ支払い」は、コンビニで決済を行うサービスです。

ネットで買ったモノの支払いをコンビニで行います。ネットのセキュリティを気にする人がよく利用しています。

一部の電子書籍ストアでも導入されています。

スポンサーリンク

コンビニ支払いの方法

以下の2つの方法で支払います。

  • 店頭設置端末(Loppi、Famiポート、Kステーション、クラブステーション)でバーコードを発券して、レジで支払う。
  • オンライン決済番号(払込票番号)をレジで伝えて、その場で支払う。(払込票を印刷しておくと、バーコードが使えるのでスムーズ)

最近は店頭設置端末を使うのが一般的です。払込票を印刷する必要もなく、レジでの支払いがスムーズなので便利です。

コンビニ支払いが可能な電子書籍ストア一覧

コンビニ支払いの対応状況を調べました。

(最新の調査日:2017年8月)

ストア セブン-
イレブン
ローソン
ミニストップ
ファミリーマート サークルKサンクス
Amazon Kindle  〇  〇  〇  〇
楽天kobo  ×  ×  ×  ×
Yahoo!ブックストア  ×  ×  ×  ×
honto  ×  ×  ×  ×
eBookJapan  ×  ×  ×  ×
BookLive!  ×  ×  ×  ×
コミックシーモア  ×  × ×  ×
Renta!  〇  〇  〇  〇
U-next BookPlace  ×  ×  ×  ×
DMM電子書籍  ×  ×  ×  ×
電子書店パピレス ×  ×  ×  ×
Sony Reader Store  ×  ×  ×  ×

現在、コンビニ支払いが可能なのは、KindleストアとRenta!のみです。

コンビニ支払いが採用されない理由

電子書籍は数百円の少額決済が多いので、コンビニ支払いを導入するのはストアにとって負担になります。

また、電子書籍のメリットは、買ってすぐに読めることです。コンビニ支払いを選択すると、購入してから読むまでに時間がかかるため、電子書籍に向いていません。

巨大企業のAmazonはともかく、Renta!で採用されているのは意外でした。Renta!はチケット制なので、まとまった金額をプリペイドで購入することが多いからでしょう。

シェアする

フォローする