Kindle端末のキャンペーン情報つきモデルの感想

Kindle端末には、「キャンペーン情報つきモデル」と「キャンペーン情報なしモデル」があります。

どちらを選ぶべばいいのか迷うポイントです。

私が持っているKindleはキャンペーン情報つきモデルなので、その感想を「実際の画像」つきでメモしておきます。

スポンサーリンク

キャンペーン情報つきモデルの概要

キャンペーン情報がつきモデルは、キャンペーン情報なしモデルよりも2千円ほど安く購入できます。

2千円を得するためにKindle端末にキャンペーンを付けるかどうか迷うところです。

Amazon.co.jpヘルプ キャンペーン情報についてには、以下のように説明されています。

キャンペーン情報の内容

キャンペーン情報付きモデルでは、 Kindle月替わりセールなどのお得なキャンペーン情報や 、おすすめの商品が端末に表示されます。

セールやおすすめ商品が表示されます。私自身はあまり気にならないです。

キャンペーン情報が表示される場所

キャンペーン情報はロック画面やライブラリ下部に表示され、読書中には一切表示されません。

電子書籍を開いている画面では、いっさい広告(キャンペーン情報)は表示されません。それなら問題はないかなと思います。

実際にどんなキャンペーン情報が表示されるのか

実際のKindle端末で見てみましょう。

以下、Kindle端末の待機画面です。Kindle端末を使っていないときは、常にこの画面が表示されます。

これがキャンペーン情報画面です。「お気に入りの1冊を見つけよう」とあります。

さすがにケバケバしい宣伝画面ではありません。そんなことをすれば、誰もキャンペーン情報付きモデルを選択しないはずです。

「キャンペーン情報なしモデル」では、このページの最上部にあるアイキャッチ写真のような待機画面になります。(画像は複数のパターンがあります)

次に、Kindleを使用するときのホーム画面・ライブラリ画面を見てみます。

Kindle端末の下の方に、帯になって待機画面と同じ画像が出ています。これがキャンペーン情報です。

この位置に何らかのキャンペーン画像が表示されます。私の経験では、いつもこの「お気に入りの1冊を見つけよう」画像です。

まったく気にならない表示です。

ちなみに読書するときの画面は以下。

何ひとつキャンペーン情報は表示されません。

ホーム画面・ライブラリ画面を広く使いたいかどうか

個人的には、キャンペーン情報が表示されても、まったく気になりません。

あえて言うなら、ホーム画面・ライブラリ画面で本を選ぶときに、画面が少し狭くなっているところが気になる程度。画面下部に帯があるので、少しだけ狭いわけです。

「キャンペーン情報なしモデル」にすれば、ホーム画面・ライブラリ画面を少しだけ広く使えるメリットがあるわけです。

ここが判断の分かれ目ですね。

画面が狭くなっていると言っても、ほんのわずかなので、不便は感じていません。

個人的には次にKindleを買うときにも、キャンペーン情報つきモデルでいいかなと思っています。

シェアする

フォローする