一生加入する!Amazonの読み放題サービス Kindle Unlimited の感想

kindleunlimited

Amazonの電子書籍読み放題サービス「 Kindle Unlimited 」に加入して1ヶ月半経ちました。

個人的には、ネットで欠かせないサービスになっています。

Kindle Unlimitedの感想を思いつくままに書いてみます。


コミック読むなら他のサービスと変わりがない

Kindle Unlimitedの漫画のラインナップはどうなのか。

しょぼいタイトルがたくさんあっても意味がないので、タイトル数で比較しても意味がありません。読み放題のラインナップを比較するのはけっこう難しいです。

私の感触としては、他の電子書籍ストアと比べて、漫画のラインナップは似たようなものです。(2016年9月25日現在)

たとえば、ヤフーブックストアの読み放題には「むこうぶち」がたくさん読めますが、現時点ではアマゾンの読み放題にありません。

漫画だけを読む人にとっては、現時点ではさほどのメリットがないかも知れません。今後、ぞくぞく漫画のラインナップが増えていくと思いますので、期待したいですね。

一般書、ビジネス書はさすがのラインナップ

Kindle Unlimitedのラインナップですごいのは、コミックではなく文字の方です。

一般書、実用書、ビジネス書のラインナップが半端ないです。

(それ以上に、文学・人文系・ラノベのラインナップがすごいですが、私は読まないので)

ビジネス書関連は、有名どころがたくさんあります。

※ただし、期間限定でKindle Unlimitedで読み放題になるタイトルもあります。永続的に読み放題の対象とは限りません。

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

大前研一 世界を知る6つの特別講義 (大前研一ビジネスジャーナルアーカイブス(NextPublishing))

仕事は楽しいかね?

日本人ビジネスマン 「見せかけの勤勉」の正体 なぜ成果主義は失敗したか

刊行されて数年たった本が多いですが、「この本も読み放題なのか~」というのがけっこうあります。

立ち読み感覚で片っ端から中身を見ることができるので、ちょっと気になったタイトルはすぐに読むことができます。読み放題サービスはありがたいものです。

実用書は読み放題とネットで充分

次に、実用書ですが、たとえば以下のようなジャンル。

  • iphoneの使い方
  • word / excelの使い方
  • Googleアナリティクスの使い方
  • 文章の書き方
  • ストレッチ・体操のやり方
  • 冠婚葬祭やビジネスの礼儀作法

この手の実用書は、Kindle Unlimitedにたくさんあります。情報としては、どの本を読んでも似たようなものなので、最新情報が1冊2冊あればいい。

もともとネット検索すれば十分だとされるジャンルであり、読み放題でもこれだけ揃っていれば、「金を出して実用書を買うことはもう二度とないだろうな」と感じました。

投資関連もそこそこ揃っている

投資関連の本は、役に立つようで立たない本が多いので、読み放題で読むくらいがちょうどいいかも知れません。

良書もけっこう読み放題であります。
実践 生き残りのディーリング 現代の錬金術師シリーズ

私が感銘を受けた「生き残りのディーリング」も、「読み放題なのか~」と感慨深い。

そして、買って失敗した以下の本。
~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX

読み放題になるなら買わなきゃ良かったと心底思いました。話題になっているけど、嫌な予感がした本は、読み放題で読むようにしましょう。

アダルト関連はものすごいラインナップ

アダルト漫画や写真集は、やっぱりすごいランナップですね。

この業界の人たちは目端が利くので、完全に読み放題にシフトしているのがわかります。

読み放題でしか消費者に読んでもらえないことを前提にして動いているみたいです。

とはいっても、アダルトは動画の時代に入っていますから、静止画像にどれほどの需要があるのか不明です。

1ヶ月980円なら余裕で元がとれる

1ヶ月980円というのは、1冊の本の価格と同じか、それよりも安いわけです。

元が取れるかどうかといえば、簡単に元が取れます。1ヶ月に、数冊読めば元がとれる

うっかり1ヶ月アマゾンに来ることがなくても、次の月にまとめて読めばすぐに元が取れる。

この価格設定なら、一生入り続けると思います。

学生さんにとっては1ヶ月980円で悩むのかも知れませんが、働いている社会人なら、迷わず加入で決まりではないでしょうか。

Kindle Unlimitedの本当のメリット

さて、上記までは、実は前振りです。

Kindle Unlimitedの本当の面白さは、個人が出版するKDPの本です。

KDPは、個人が電子書籍を出版してアマゾンで売るシステム。KDPで出版すれば、出版社の出す本と並んで表示されます。

個人の出す電子書籍が、もう最高です。

素人くさい文章だけど、個人の経験をパッケージにした唯一無二の情報の数々。ほとんどが短いのでサクッと読めます。

出版社が刊行している完成された本より、数倍面白かったりする。

とにかくテーマが細分化されているので、ニッチな情報を知ることができます

あと、ネットビジネスのようなジャンルは、出版社が出す本より鮮度が格段にいい。

個人の出す電子書籍は、KDPが完全に市場を支配しています。Kindle Unlimitedの本当のメリットはKDPの本ですね。

私は今までも、KDPの本を毎月10冊くらい買っていましたが、今後は読み放題で読めるので、すごいお得感があります。

皆さんも、どうせ読み放題なんだから、個人の出す本を覗いてみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする